2017/05/02

DELICというプログラムに私が込めた想い


  

こんにちは、ナンバーツーのエグゼクティブコーチの林です。

今日は、この場を使って、私がどうしてこのDELICというプログラムを開発し
提供したいと思っているのか、
その背景についてお伝えさせていただきます。


リーダーが抱えるコミュニケーションの課題
私がビジネスリーダーにコーチングをしている中で頻繁に登場する話題に
チームメンバーとのコミュニケーションの問題があります。

もう少し具体的に言うと「こっちは必死にやってるのに、全然伝わらない。
あいつらもっと真剣に主体的に仕事するようにならないかなぁ」という類の言葉を
お聞きすることが多くあります。


私の過去の経験から起きた考え方のシフト
私もかつて、営業マンとしての個人の成果を認められ、
リーダーに抜擢されるというチャンスを得たことがあります。

その時に感じたことは「自分が動くことで達成させる」という今までのやり方では、
「私とチーム」に課せられた目標を達成することは難しいということ。
つまり、チームメンバーの能力をしっかり活用することにより、
チームが目的を達成するという仕事の仕方へのシフトが必要だったということ。


管理職になったときのOJTは少ない
そして、ここで大きな障壁となるのが、その方法を誰も教えてくれないことでした。
そうなんです、リーダーに登用された時には、新社会人のように
OJT研修といった種のものが用意されないことが多く、
いきなり現場にリーダーとして放り出されるということが多いように感じます。

それが故に、冒頭の「こっちは必死にやってるのに、全然伝わらない。
あいつらもっと真剣に主体的に仕事するようにならないかなぁ」という言葉につながっていきます。


私自身の過去の失敗例
私の場合は、コーチングという手法を当時知らなかったため、
我流でいろいろ試しましたが、結果的にことごとく失敗しました。

何が失敗かというと、チームメンバーの信頼を徐々に失い、
意思の疎通ができなくなることで、最終的にチームメンバーが言われたことしかやらない、
「死んだ魚のような目で定時に出社して定時に帰る」というチームが形成されていったという失敗です。

私が目指していたのは、闊達に意見交換のできる信頼で結ばれた仲間とともに
大志を実現させること。だったにも関わらず。。。
気合だけで上手くいくようなチャレンジではありませんでした。


当時の私に決定的に足りなかったもの
当時の私に何が足りなかったかというと、それは、コミュニケーション能力なんです。
プレゼンテーション能力や経営計画を作れるスキルだけでは圧倒的に不十分でした。

人はどんなことにモチベーションを感じて動くのか。
どんな言葉をかけると困難な状況の中で力を発揮しようと思うのか、
何があればチームが団結するのか、

そんなことを理解しながら、相手に必要な声掛けや関わり方を選んで実践できたとしたら、
当時の自分はより優れたリーダーとしてチームを成功に導けたのではないかと思います。


当時の私が切望していたものを
そんな私の知見も含めて1.5日のコンパクトな学びでリーダーに必要なコミュニケーションスキル、
特にコーチングのスキルをお届けするのがDELICというスクールです。

ビジネスリーダーに必要なコミュニケーションを必要な分だけお届けするという、
今までありそうでなかった形式のスクールです。

すでに200人以上のリーダーがこのスキルを身に着け、実際の現場で活用しています。
リーダーにとって必要なスキルを身につける1.5日間の時間とお金の投資を高いと見るか、
必要経費としてみるかは人それぞれですが、
もし私がDELICの存在を当時知ったとしたら、迷わず投資したんじゃないかと思います。


最後に
ビジネスリーダーは日々たくさんのプレッシャーとストレスを抱えて仕事をしています。
その仕事を少しでもラクに、そして充実したものにしたい。

そんな思いで営んでいるDELICです。より多くのビジネスリーダーに
コミュニケーションスキルとツールをお渡ししたいと思っています。

これにピンときたあなた、
そして「これが必要そうなリーダーが周りにいる!」というあなた。
今がチャンスです。

DELICの次回開催は5/20-21
週末開催なので、月曜日からコミュニケーション能力高めなリーダーとして
出社できること間違いなしです。

DELICのお申し込みはこちらから


このエントリーをはてなブックマークに追加